下水道接続|浄化槽から下水道に接続しました。

query_builder 2023/08/11
オフィス工場下水道
篤さん

皆様こんにちは。

毎日暑い中ご苦労様です。

こんな暑い日は下水道接続に限りますね!という事で

先日浄化槽から下水道に替える工事を行いましたので、そのときの事をアップしていきたいと思います。


事の発端は浄化槽管理をしている会社の定期検査で、浄化槽が正常に機能していないとの連絡があり、

下水道に繋ぎ直してほしいとの連絡が管理している不動産屋さんから大家さんにあり、弊社にて工事させていただくことになりました。


早速、弊社協力業者の新栄設備さんが、市役所の上下水道課に行って下水取り出しの位置を

確認いただき、下水道分担金(高崎市の場合500㎡ごとに20万円)を納めて頂きました。


その後日程調整していただき、いざ工事に取り掛かります。


まずは下水道の取り出し口から浄化槽までの舗装面にカッターを入れるための墨を出します。

墨といっても本物の墨汁では見えないため、チョークを紐にまぶしたチョークラインで墨出しをします。


墨出し


墨が出たら、今度はカッターを入れていきます。このカッターにはダイヤモンドチップが使われており

大きさにもよりますが1枚4~6万円します。

切込みを入れる際は、カッターの磨耗を防ぐため、水を撒きながら作業していきます。


カッター


カッターが入ったら、アスファルト舗装を剥いでいきます。


舗装撤去

その後、配管が埋まっている深さまで慎重に掘り進めます。

堀りはじめる前に枡の近くを手掘りして、高さを確認しておきます。



配管深度確認
掘削


掘り進めて行くと、埋まっていた配管が現れます。今ある配管は浄化槽に向かっているため

下水道とは逆方向に配管されています。なので、不要な配管を撤去してきます。

配水管撤去


下水道管の取り出し口から新たに配管をつないでいきます。

配管繋ぎこみ

すべての配管が終了し、実際に水を流して接続部分から水が漏れていないか確認したら埋め戻していきます。

埋戻し
水締め


綺麗に埋戻しが完了しました。これで1日目は終了です。

山砂埋戻し

翌日、別件の用事を済ませてから現場に行くと、既に浄化槽は撤去され、埋戻し作業に入っていました。浄化槽がなくなると地中にすっぽり空間ができてしまうので、山砂を使い

十分散水して締め固めていきます。ただ、水をまいただけでは締まるのに時間がかかるためユンボで振動を与えて締め固めていきます。


そして、しばらく放置して十分締まったのを確認してから砕石で埋め戻していきます。


砕石埋戻し
砕石転圧

砕石を十分入れたら敷き均してプレートという振動機で転圧していきます。

その後アスファルトを入れて再度表面を転圧した後、既存の舗装面とのジョイント部を

補強するため乳剤と砂を撒いて工事完了です。

舗装
舗装ジョイント
工事完了

工事自体が終了した後、市役所の検査を受けましたが無事合格しました。

今回の工事では予想外の出来事が無く、無事に終えることができました。

弊社では、こういった工事のほかにもあらゆる建築に関する工事について

豊富な実績を持っておりますので、相談だけでもお気軽にして頂ければと思います。

それでは次回もお楽しみに!


----------------------------------------------------------------------

株式会社プロアーキ

住所:〒370-1201群馬県高崎市倉賀野町4526-4

電話番号:027-386-6761

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG