ゴムチップ|2年で剥がれた階段直してみた。

query_builder 2023/10/28
引渡し後物件ホテル・旅館外部階段
作業風景

昨日、引き渡しから2年となる草津きむらやさんの外部階段に滑り止めとして施工したゴムチップの補修工事に行ってきました。


ゴムチップ舗装というと見慣れないような気がしますが、歩道橋の床やゴルフの打ちっぱなし部分の打席等、意外と身近なところに使われています。


今回は階段の段鼻(角の)部分に施工したゴムチップが剥がれて無くなっている部分を直しに行ってきました。


段鼻
ゴムチップ

このように、一部分が剥がれてきてこれから迎える雪の季節に危ないので、今のうちに補修します。


まずはカッターにて5cmほどゴムチップを剥がしていきます。


撤去

下地についてる古い接着剤も丁寧に剥がして清掃し、下地調整のためのプライマーを塗っていきます。

プライマー

プライマーを塗ったら30分放置し、その間にゴムチップ材を調合していきます。


これがゴムチップの材料です。

ゴムチップ材料

これらの材料を計測しながら調合していきます。



調合
攪拌

このあと硬化剤を入れてさらに混ぜてゴムチップ材の完成です。


ある程度の暑さが必要なので、バッカーという材料で枠をつくり

そこにゴムチップを盛っていきます。


ゴムチップ充填

ある程度高めに盛ったら、火がつく銅板の鏝でゴムチップを均していきます。


鏝均し
鏝押さえ

最上段の段鼻は下地が木なので、すこし厚めに施工します。


施工完了

この状態でこの日は終了。明日養生を剥がして終わりになります。


その姿がこちら!


施工完了
施工後アップ

今日、業者から送られてきた写真です。若干色が違いますが、概ね良好な仕上がりです。硬化状況も良く、今日から使用開始できます。


今回はゴムチップの補修でした。

弊社ではさまざまなご要望にお答えできるよう、日々修練しております。ぜひご相談ください。

----------------------------------------------------------------------

株式会社プロアーキ

住所:〒370-1201群馬県高崎市倉賀野町4526-4

電話番号:027-386-6761

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG